無料で自分のホームページを持とう!(WordPress)

 ゲーム制作者は例外なく自分のホームページを持っています。
良いホームページを作ることはゲームの宣伝につながり、プレイヤーの方々と交流を図る場となります。
ホームページは適当でいいやと言う考えは全体のクオリティをダウンさせてしまいます。

 作りましょう、あなたのホームページを!

Fc2やbiglobeのホームページ制作サービスから卒業する日は来たのです。



WordPress

homepage1

 今回紹介するのはみんな大好きWordPressです。――え、知らない?あぁ、そう。
管理人のHP、『Open Game Seeker』もWordPressで作っています。
WordPressの最大の特徴としては誰かが作ったレイアウトやプラグインをサイトに用いることができると言う点です。
簡単に言ってしまえば、カッコいいサイトやホームページに欲しいと思った機能を無料で手に入れることが出来るのです。



0:完成図

homepage28

サイトへのリンク⇒http://www54.atpages.jp/~clam404/wordpress/(lv9無料ホスティングの場合、広告が出ません)

1:START

homepage33

 ホームページはサーバーと呼ばれる倉庫に保存されています。
サーバーに保存してあるデータのひとつがこの記事です。
もしもサーバーの電源が切れると、中の記事やデータは誰にも見えなくなります。

 サーバーには2種類あります。自宅サーバーとレンタルサーバー。
自宅サーバーは、あなたが持っているPCをサーバーとすることです。
レンタルサーバーと言うのは、他の人が持っているPCをサーバーにすることです。

:レンタルサーバー

7389234452_8b58c65c48_c

Illust by bigpresh

 自宅サーバーを作るにはかなり勉強が必要になる上に、PCの電源を落とせなくなるので今回は無料のレンタルサーバーを使って作ってみましょう。
@PAGESとLv9無料ホスティング呼ばれる無料のレンタルサーバーを使っていきたいと思います。
広告が嫌な方は@PAGESよりも難しいですがLv9無料ホスティングがお勧めです。

:新規登録

homepage2

 早速新規登録を行い、使えるようにしましょう。⇒@PAGES  or lv9無料ホスティング
メールアドレスは好きなものを使って結構です。メールの確認ができれば問題ありません。



・@PAGESの場合

homepage4

 新規登録すると、自分の登録したメールアドレスに@PAGESからメールが届きます。
メールが見つからない場合、大抵迷惑メールのフォルダに入ってます。アカウント情報の部分は非常に重要なのでどこかに保存しておいてください。
これで、ホームページURLが見れるようになりましたね。ホームぺージURLをクリックして中を見ていってみましょう。

homepage5

 見事に空っぽですね。それも当然です。あなたは1GB分の容量を使えるサーバーを借りただけなのですから。



・Lv9無料ホスティングの場合

homepage29
 アカウント登録をして、届いたメールのURLを確認するとこの画面が出ます。この画面のデータはメモ帳などに保存しましょう。



4:FFFTPのダウンロード

 ホームページのデータをレンタルサーバーに入れるには基本として専用のソフトを使う必要があります。
今回は応用が利くフリーのソフト、FFFTPを利用します。ダウンロードはこちら⇒ffftp-1.98g.exe
ダウンロードしましたらffftp-1.98g.exeをクリックし、インストールを行います。

homepage6

 ffftp-1.98g.exeを実行した画面。次へを押して行き、インストールしましょう。
インストールが終わりましたらFFFTPを起動してみましょう。起動が確認できたら消してもらって大丈夫です。

homepage7



5:WordPressのダウンロード

homepage8

 自分のレンタルサーバーとデータをやり取りする手段を獲得したので、
今度はサーバー内にWordPressをダウンロードし、ホームページを使えるようにしていきます。
それでは、WordPressをダウンロードしましょう ⇒WordPress

homepage9

 WordPressのzipを解答した中身はこんな感じです。細かい説明は後にして、
ホームページをまず自分のレンタルサーバーで動かせるようにしたいと思います。



6:レンタルサーバーと接続します。

・@PAGESの場合

homepage11

 先ほどインストールしたFFFTPを起動しましょう。
ホスト一覧が出ますので、新規ホストを選択し、ホストの表示名、ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力します。
上記の画像を参考に、同じ色のものを書いていただければ大丈夫です。



・Lv9無料ホスティングの場合

homepage30

 登録のときに表示されたusernameとhost name、それに登録時に用いたパスワードで接続します。



homepage12

 一覧の取得は正常終了しましたと出れば、レンタルサーバーと接続成功です。



7:レンタルサーバーにWordPressを入れます。

homepage13

 FFFTPの右の赤い四角の中がサーバーに入っているデータの内容を示します。
ここにwordpressのデータを挿入することでレンタルサーバーにデータを送ります。

・@PAGESの場合

一回で全てのファイルを挿入すると送信量が多すぎでエラーを返されます。WordPressのファイルの中身を分けてから入れましょう。

・Lv9無料ホスティングの場合

index2.htmlファイルが入っているので右クリックで削除してください。また、htdocsフォルダ内にwordpressを入れましょう。




8:レンタルサーバーにWordPressを入れます。

homepage10

 それでは、ブラウザで自分のホームページを見てみましょう。
wordpressのフォルダが挿入されていることが分かります。この画面のwordpressのフォルダを開いてみましょう。

homepage14

  wp-config.phpがないといわれた場合も同様に、次へを押せばこの画面が出てきます。「さあ、始めましょう」を押してみましょう。

homepage15

 WordPressがレンタルサーバーの場所とWordPressを起動させる為に必要なデータベースの場所を教えてくれと言ってきます。
ユーザー名とパスワードはアカウント情報にあったユーザーIDとパスワードで構いません。
しかし、データベースはまだ用意してませんので用意しないといけません。


・@PAGESの場合

 @PAGESのログインページに飛びます。http://atpages.jp/admin/login.php

homepage16

 @PAGESのユーザー専用ページに飛ぶのでIDとパスワードを入力します。

homepage17

 ログインしましたら、メニューにあるDB(mysql)利用の項目を選択し、
データベースを利用できるように登録します。そうすろとデータベースを利用することが可能になり、
データベース名を手に入れられます。先ほどのデータベース名の部分に内容を打ち込みましょう。


・Lv9無料ホスティングの場合

 ログインページに飛びます。http://lv9.org/user_login

homepage31

IDとPWを入力すると上記の画面に飛びますので、データベースのMySQLデータベースをクリックしましょう。

homepage32

 データベースの作成の項目をクリックし、データベースを作成します。
このデータベース名,ユーザー名、パスワード、データベースのホスト名(MySQL host name)をWordPressに入力しましょう。




9:WordPressの設定を行います。

homepage18

 入力が成功すると、WordPressの設定が可能になります。サイト名やパスワードを入力していきましょう。

homepage19

 設定が終わればログイン画面です。WordPressはサーバーで管理されますので、
ユーザー名とパスワードを打ち込めばどのPCでもログイン可能です。WordPressの設定で書いたユーザー名とパスワードを入力しましょう。

homepage20

 ダッシュボードが表示されれば、ホームページの制作完了です。早速サイトを表示してみましょう。

homepage21

 サイト名をクリックし、サイトを表示を選択すれば現在のあなたのホームページが見れます。

homepage22

 出力されれば、ホームページ作成は完成です。
広告が出力されて、うっとうしいと思われるかもしれませんが無料サーバーは全て広告が表示されます。
広告を消したい場合は有料のレンタルサーバーを使うしかありません。
ちなみに、OpenGameSeekerはロリポップサーバー(2013/12/14現在)を利用しています。(月額315円)
とはいえ、別のサーバーに変えようか迷ってるのでお勧めはしません。



10:ちょっと一息 Break Time
8530636023_331cde483c_z

Illust by Prayitno/ more than 1.5 millions views: thank you!

 実は@PAGESにはWordPressを入れる機能が付いています。
ですが、FFFTPを通してやり方を覚えたことによって、他のレンタルサーバーを借りた場合も楽に実装できるようになると思います。
また、FFFTPの使いかたがわからないとWordPressがなぜ凄いかを理解できません。これからはWordPressの凄さを説明していきたいと思います。



11:テーマの挿入

homepage23

 WordPressはかっこいいホームページを作るのが非常に楽です。
WordPressにはテーマというものを設定できて、これを切り替えるだけでホームページのデザインががらりと変わるのです。
では、早速やってみましょう。テーマを配っているサイトに行き、テーマをダウンロードします。http://www.onedesigns.com/
上記の画像の赤枠内をクリックすることでテーマをダウンロードできます。

homepage24

 FFFTPを起動し、自分のレンタルサーバーと繋いで、wordpress/wp-content/themesの中にダウンロードしたテーマを挿入します。

homepage25

 概観⇒テーマを開きます。

homepage26

 テーマが加わっているのでテーマの有効化をします。そうするとホームページがそのテーマに変更されます。
それではホームページを見てみましょう。

homepage27

 最初のテーマとは大きくデザインが異なっていることが分かります。

homepage28

 ここに記事と画像を加えれば完成です。出来たホームページはコチラ⇒http://www54.atpages.jp/~clam404/wordpress/

以上、自分のホームページを持とう!(WordPress編)でした。




“無料で自分のホームページを持とう!(WordPress)” への3件のフィードバック

  1. 名無しさん より:
    すごくわかりやすかったです。この記事を参考にして私も自分のホームページを作ってみようと思います。FC2は卒業や
  2. 名無しさん より:
    管理人です。@pagesのwikiがココ最近ウイルス食らったらしく、レンタルサーバーは大丈夫だと思いますが、Lv9無料ホスティングでやることをお勧めしますよ~。
  3. […] ・新サーバーにWordPressをインストール 無料で自分のホームページを持とう!(WordPress) « OpenGameSeeker ※Lv9へのインストール方法が記載されていますが、基本的な流れはどのサーバーで […]

コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲