東京ゲームショウ2013 ~観光編(前編)~

”★CLAMいまどこ?★”
―― ボクはここにいる。そう、海浜幕張だ。
2日しかない東京ゲームショウ2013の一般参加日に来ている。
 もう秋の季節にも関わらず、日差しは強く暑い。
睡眠時間の足りてない僕にはちょっとコタえる。
 さっそく話が脱線してしまった、話を戻そう。
今日ゲームショウに僕が来ている理由、それは”最先端に触れる”ってコト。
文章のオマージュネタ:GACKTの中出し

 ・朝 海浜幕張 到着まで・

IMG_0035
<時間は12時ぐらいだったかな、それでも人の流れは途絶えていない>

 おはよう、みんな。

 東京ゲームショウは海浜幕張駅、東京駅から電車で30分ぐらいの場所にある。
上の画像は、1つ手前の西船橋駅のものだ。開場は10時から、
ボクは少しばかし遅い起床だったから、ピークは避けれるかなと思ったら、この猛者の列だ。……タマラナイね。

 でもそれだけ、楽しみにしている人が多いってコト。

IMG_0036
<予想道理いっぱいいっぱい>

IMG_0037
<今日の一番最初の列だ、PASMOをチャージして無いとこうなる。馬鹿だね>

 海浜幕張駅に到着。会場もこうなのかな、とにかく人が多い。
ボクのように一緒に行く友達がいない人は置いといて、友達や家族と行く人ははぐれないように注意だ。
お昼時ともあって、駅内のラーメン屋は広い店内にもかかわらず、一杯だった。隣の蕎麦屋は空いていた。

IMG_0038
<やっと、幕張メッセに到着。イイね、祭りの雰囲気だ>

 ここから幕張メッセまでは大体600mぐらい。道に迷うことは無さそうだ。

IMG_0039
<人の流れに乗る。今渡っている橋は幕張メッセまで直通で繋がっている。400mぐらいあるケド>

 この時点で戻っている人もいる。お目当てのイベントが終わったからかもしれない。
ボクは”コレ”というイベントを見に来たわけじゃないから関係ないけれど、
お目当てがイベントの場合はもっと念密な行動が必要だってコトかな。
(例:日本ゲーム大賞、チャリティーオークション、Cosplay Collectoin Nightなど、
さまざまなイベントがてんこ盛りです。時間と日付を間違えると泣きます)

IMG_0041
<メッセ会場前、疲れた人々は思い思いに座っている、ゲームをプレイしている人が目立つね>

IMG_0042
<ついにお目当ての会場だ。上の横長のモールが合計で4つある、かなり広い>

 チケットを買って、軽い手荷物検査が終われば中に入れる。
チケットの料金は前売り券が1000円、当日券は1200円。
備えあれば憂いなし、やる気のある人間なら前売り券の方が当然イイ。
コンビニで気軽に買えてしまう。手荷物検査はかばんを開いて見せるだけだ。
ハサミなどの危険物はそこで回収されてしまうので絶対に持ってこないように。
――帰ってこないよ?

 ちなみに、ボクは1200円払った。

会場へ

IMG_0043
<やっと中に入った。……広いけれどショぼい?まぁ、落ち着こう>

 涼しい。クーラーが効いている。中は人が多くても快適に過ごせそうだ。
寒いわけではない、やせ気味(骨)のボクでも半そでで心地よいってレベルだ。
最初に入ったのは第9ホール。1つだけ離れになっているホールだ。
ココにあるのは<インディーズゲーム・キッズコーナー・飲食店・抽選場>

 そう、インディーズゲームはボクのお目当てだ。

 世界10カ国から41のインディペンデントゲームが集まってきている。
インディペンデントゲームは同人ゲームに近い。少人数で作っているから個性が強い。
詳細に関しては次の記事で紹介するとして画像を軽く見せるとしよう。

IMG_0048
<宇宙船を製作、タップでステップするゲーム>

IMG_0054
<横スクロールアクションゲーム>

IMG_0057
<浮き輪に乗った女の子(ウォータースライダー)を操作するゲーム>

IMG_0058
<不思議のダンジョン+リズムゲームの複合作品>

IMG_0060
<横スクロールアクションゲーム>

IMG_0064
<横スクロールアクション、撃った弾にあたったものをジャンプさせる>

IMG_0067
<マウスホイールで気になった場所を探し、主人公を進めていくゲーム>

IMG_0070
<パズルゲーム:3つあわせるとパズルが消え、パズルを消すにはシューティングのように弾を撃つ>

IMG_0069
<タワーディフェンス型ロックマンエクゼ>

 全体にいえることは、ユーザーを中心に考えられていて、面白さを追求している。
やはり、職にしている人のゲームは一味違う。ゲームがゲームであることをよく理解しているね。

 インディーズコーナーについてもっと語りたいところだけれど、それはまた後で。
当モールの別のコーナーも紹介していくとするよ。

IMG_0046
<ファミリーコーナーだ。コレのおかげで、子供も楽しめる>

 パズル&ドラゴンズ、仮面ライダーなどのショー。
ゲームは大人から子供までみんなが楽しめるもの。だから家族向けコンテンツも東京ゲームショーにはある。
それが”ファミリーコーナー”、料金を別で取られることはないから安心して欲しい。ただし……。

IMG_0047
<当然の対応だ。彼らの遊び場をぼくらは壊してはいけない>

 ボクは入れない、当然君もね。

IMG_0074
<イベントの様子だ、Ipadでは画面が発光して見づらくなってしまった>

IMG_0044
<飲食コーナー。他にもあるけど、ココはご当地メニューが売り>

 食事所としては各地の名産品が集まっている。

IMG_0075
<メニューの種類、カレーライスのご当地は見当もつかない>

 値段は観光地クラス、味については評価しないでおく。
雰囲気を味わうって言う意味では+だね。
(注意:食べてません。管理人は金が無いので、家でご飯を多めに食べてから出かけています。)

IMG_0072
<インディーズゲームコーナーの裏はライブ会場だ>

 ライブ会場ではさまざまなイベントが行われている。これがさっきのゲームと併設されているんだから驚きだ。
音響設備がしっかりしているから、別のコーナーに影響はまったく無い。

IMG_0073
<その隣にニコニコ動画の生主の部屋がある、カオスいやコスンモスかな>

 ニコニコ生放送で実況されていたりもする。
ネットと現実がリンクする感覚、これも1つの”新しさ”。

 これで、第9モールについては大体紹介できた。
これ以上画像を載せるとページが重くなるのでいったんココで前半戦は終わりだ。

 最後に結論をまとめておくよ。

結論

IMG_0073
<女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女女>

 生主はモテるね。

 では後編で。




“東京ゲームショウ2013 ~観光編(前編)~” への1件のフィードバック

  1. 名無しさん より:
    […] aquo; Blog Archive » 東京ゲームショウ2013 ~観光編(前編)~続きを読む → […]

コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲