Adobe Photoshopで作るゲームマップの制作方法!②

 前回は部屋の間取りを作りましたが、今回はゲームのフローチャートマップを
作って行きたいと思います。それほど考える必要はありません。
技術的要素しか要りませんので絵が僕は書けないよーとかそういったネガティブ発言で
自分には出来ないと誤魔化すのはやめましょう。
:――――――――――――――――――――――――――――――:
Q:PhotoShopって高くね? 
A:学生なら1年使用で3000円×12ヶ月=36000円。
 ところで、貴方の携帯電話の月額はいくらですか?

完成図

map16

製作開始

map1

 今回も、キャンバスは完成予定サイズで制作します。

map2

多角形ツールは角の数も決められます。

map3

多角形ツールでキャンパスをクリックすると、上記のような設定項目が出ます。

map4

幅、高さ、多角形のラインのサイズなどの変更を行うことが出来ます。

map5

幅100px、高さ100px、ラインサイズ5px、角数6だと上記のような多角形が描けます。
向きを変えたいので回転させます。メニューから編集⇒パスを変形⇒回転

map6
角度を90度回転させると上記のような画像になります。

map7
レイヤーを右クリック、レイヤーの複製を行い、チャートを作ります。

map8
次に経路を作る為に楕円形ツールを用います。

map9

楕円形でも同様の作業を行います。幅、高さ20px、ラインサイズ2pxで円を制作していきます。

map10

では、多角形と丸のレイヤーにレイヤー効果をかけていきます。

map12

一つ目の六角形のレイヤー、黄色に囲まれた部分をダブルクリックしてレイヤー効果(レイヤースタイル)をかけました。
黄色に囲まれた部分で右クリックを押して、レイヤースタイルをコピーし、他のレイヤーにもかけていきましょう。

map14

 同様に円レイヤーにもレイヤー効果をかけます。

map15

 あとは、背景を後ろに配置すれば、ゲームマップは完成します。実際はエディタに応じて画像を
マップに配置していくので、多角形と丸レイヤーの画像を作ればここまでしなくて大丈夫です。

map16

おまけ

 map17

上記のような図形を斜めにしたい場合、メニュー⇒編集⇒変形⇒歪みで調整することが出来ます。

map18

調整した結果が上記の画像のようになります。

以上、Adobe Photoshopで作るゲームマップの制作方法!②でした。
細かい質問などは気楽に聞いてください。




コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲