ゲームエフェクト制作講座⑥(チャージ編)

 AfterEffectsを用いて、さまざまなゲームに利用できるエフェクトの作成講座です。

”Particlue World、エコー、時間逆順”を用いて15分ほどで出来る”チャージ”エフェクトを作って行きたい思います。

「AfterEffectsって?」と思う方はこちらをご覧ください

完成図

charge4-compressor

応用例

 charge5-compressor

製作開始

aftereffects-bomb1

<今回のコンポジションを作成しましょう。設定は前回同様です>

aftereffects-charge1

<新規平面レイヤーを作成します>

charge1-compressor

<まずこのパーティクル画像を作成します>

aftereffects-charge2

<CC Particle Worldをかけます>

aftereffects-charge3

CC Particle Worldの設定はご覧のとおりです。さらにストップウォッチで以下の設定が必要です。

Resistance:01f→20.0
Resistance:09f→5.0

Birth Size : 00f →0.05
Birth Size : 05f →0.10

Death Size:00f →0.02
Death Size:05f →0.20

charge2-compressor

先ほど作成したパーティクル画像にエコーを付けていきます。

aftereffects-charge4

<エフェクト⇒時間⇒エコーを平面レイヤーにかけます>

aftereffects-charge5

エコーの設定はご覧のとおりです。さらにストップウォッチで以下の設定が必要です。

エコーの数:04f→150
エコーの数:08f→250
エコーの数:10f→50(10fは選択できないので、09fで制作し、右にずらしてください)

aftereffects-charge6

<マスクをかけたいのですが、マスクはエフェクトの描画に影響しないのでプリコンポーズします>

aftereffects-charge7

<外側を丸くするために緑色の加算マスクと中央を隠すための薄緑色の減算マスクを長方形ツールの円形ツールで付けます>

aftereffects-charge8

<できたコンポジションを複製し、見た目をよくしましょう>

aftereffects-charge9

<調整レイヤーにトーンカーブを配置することで全体の色をばしっと一発で決めます>

aftereffects-charge10

<次の作業に移るのでプリコンポーズしましょう。上の画像にはミスがあるのですが、分からない人は気にしないでください>

aftereffects-charge11

<新たなコンポジションのレイヤーのタイムラインを反転させます>

charge3-compressorcharge4-compressor

<反転させるとこういうことが起きるわけです。反転前← →反転後>

aftereffects-charge12

<これにて完成です。お疲れ様でした>

ダウンロード

charge4-compressor

<プロジェクト:charge-sample ご自由にお使いください>


以上、ゲームエフェクト制作講座⑥(チャージ編)でした。

 




“ゲームエフェクト制作講座⑥(チャージ編)” への2件のフィードバック

  1. Melissa より:
    Uneelalralpd accuracy, unequivocal clarity, and undeniable importance!
  2. car insurance より:
    20/11/2012 – 11:58amNo se puede explicar mejor, que memoria… Por algo Rulko es el Balón de Oro elegido por los anti-marquistas, aunque ROMAN dice que es más rico, más guapo y mejor jugador… Saludos CRACK!!!

コメントを残す

Return to Top ▲Return to Top ▲